FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋大賞のはなし

サッカーの試合があって話題に出すのが遅れましたが、本屋大賞のノミネート作が発表されてましたねー。

今回の候補作は

キケン/有川浩
ストーリー・セラー/有川浩
悪の教典/貴志祐介
神様のカルテ2/夏川草介
謎解きはディナーのあとで/東川篤哉
シューマンの指/奥泉光
叫びと祈り/梓崎優
ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦
錨をあげよ/百田尚樹
ふがいない僕は空を見た/窪美澄

の10作!

僕が立てた予想は5作品が的中という結果となりました\(^o^)/
個人的には『四十九日のレシピ』と『アルバトロスは羽ばたかない』もノミネートされてほしかったのですが、残念です(´・ω・`)

というかもっと残念だったのは残りの5作品も、未読ながら半分以上は知ってるタイトルで、試験が終わったら読もうと思ってたものであるということ。具体的にタイトルを挙げれば『シューマンの指』と『叫びと祈り』と『ペンギン・ハイウェイ』。前の2作はこのミスにランクインして、面白そうだなーと携帯にメモっていたもの。「ペンギン」は言わずと知れた森見先生の作品ということで、機会があれば読みたかったもの。

結果、10作中8作は今回の本屋大賞がなくともすでに読んでいた、もしくは読んでいたであろうものということです。新しい作家さんを発掘したかった自分としてはあまりおいしい結果では無い…(?Å?)

『錨をあげよ』に関しては、作家さんもタイトルも知っていたものの、読む対象としては見ていませんでした。というか百田さんにあまりいいイメージが無い。以前どこかのブログの感想で代表作の『永遠の0』が冗長だと言われていたもので。食わず嫌いな思考だなあとは思いますが、実際そこそこぶ厚いですからね。おかげで積んでるのになかなか読む気になれない(笑)
『錨をあげよ』は青春小説らしいのでそこは惹かれるポイントなのですが、いかんせん今作もぶ厚い(笑)
で、その分厚いハードカバーが上下巻\(^o^)/
『悪の教典』は好きな作家の本だったし面白かったから苦にすることも無かったけど、こっちは俺読み切れるかどうか分からない(笑)
多分ブックオフにあれば買います( ・ω・)ノ

窪美澄さんの『ふがいない僕は空を見た』は完全に初耳でした。だからなんとも言えない。言えないけど、タイトルを聞いた感じでは自分のツボなんじゃないかと思う(笑)
ひとまず本屋さんにはすでに注文しました←

つーか本屋さんへの注文が1?2月はやたらと多い\(^o^)/
すでに『シューマンの指』『ふがいない僕は空を見た』『カササギたちの四季(道尾秀介)』『本日は大安なり(辻村深月)』『ダーク・ゾーン(貴志祐介)』の文芸書5冊を注文中。
『ダーク・ゾーン』はまだ2月刊行予定の段階なのですが、何度も発注書作ってもらうのはお互いに面倒だろうということで、一緒に予約させてもらいました。こっちとしても手間が減るので助かる助かる(^∀^)

さて。話は逸れましたが、こんな感じの今回の本屋大賞。ノミネート策を全部読んだわけではないですが、僕個人としては『ストーリー・セラー』に是非大賞を受賞してもらいたい!いや別に大賞獲らなくてもいいから、あの話を映像化してもらいたい!出来にもよるだろうけどきっと泣けるから!
「本屋の店員が売りたい本」のNo.1に「ストーリー・セラー」が選ばれるってのも洒落が聞いてるしさ!(笑)

とか言いつつ、実際は多分『神様のカルテ2』と『キケン』の一騎打ちじゃないかなーとか思ってます(笑)

とにかく楽しみな本屋大賞。発表が待ち遠しいです。
スポンサーサイト
Comment
初めてコメントします
僕もストーリセラーの映像化に期待してる一人です。本屋大賞、とって欲しいなぁ!
ついに発表されましたね!!候補作品!!
本屋大賞に入った作品は高確率で面白い本が多かったので今回も期待しています!!

「SF大賞」や「このミス」でもあげられてる話題作ばかりが出てきましたね
ICHIさんの言うとおり、「本屋で平積み☆」でおなじみの作家が勢ぞろいw
実はどれも未読なんですがw『謎解き~』が枕元にてスタンバイ中です
悪の経典がすごく読みたいんですが・・・
教典にふさわしい分厚さで、ぶっちゃけ鈍器としても役立つんじゃね・・・疑惑w
『ペンギン』はSF大賞もとってるし間違いなく読むと思います

そして・・・有川浩はやっぱり強いですね
通勤電車で有川作品を読んでいる人を時々見かけます

でも・・・
今私が一番気になっているのはICHIさんが大プッシュしていた『七つの海を照らす星』なんですよww

そもそも鮎川哲也賞が私の中でかなりの好印象で
過去受賞作で加納朋子の「ななつのこ」という作品が個人的大ヒットをかまし、
『七つの』の同様短編連作ミステリーなんです
おまけに「なな」繋がりwもういい予感しかいません!

ともあれ、私も本屋大賞は有川さんかなぁ~と予想中
本発表が待ち遠しいです(^◇^)
って、長々とすみません!!最後話ズレてるしwww

私はこれからサッカーに備えて仮眠します!www
Re: 初めてコメントします
ふくさん初めまして!コメントありがとうございました!

お仲間ですね!(笑)
本屋大賞獲ってくれればほぼ確実に映像化してくれるでしょうから、是非ともストーリー・セラーが受賞してほしいですよね。
Re: タイトルなし
一条さんコメントありがとうございました!

まずは日本やりましたね!(笑)
本当に感動的なゲーム、そして大会でした。

確かに今回の本屋大賞は他のランキングでも話題になったものが多いですね。
すごく目新しいものというのがない代わりに、「やっぱり面白いんだ」という期待も膨らみます(^∀^)
「悪の教典」はなかなか手が出しづらいですよね…使う人によっては確かに凶器にも成り得そうです(笑)
でも内容はほんと面白いんで、きっとどんどん読み進められると思いますよー(^ω^*)

「七つの」が気になるとのことですが、僕は逆に一条さんの話を聞いて「ななつのこ」が気になり始めましたww
今まで鮎川哲也賞は読んだこと無かったんですが、「七つの」も面白かったですし、機会を見て手を出して見ようと思います(笑)

やはり有川さんの人気はすごいようですが、他の作品も名作ぞろいでしょうから、発表を楽しみに待ちましょう!

ではではー。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
小説とか。
漫画とか。
ゲームとか。
とにかくストーリー性があれば好き。
そんな大学生がやってるブログ。
現在古本屋でバイト中。
店の不利益にならない範囲で、裏話とかしてみたい。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最近の読書事情
ICHIの今読んでる本 ICHIの最近読んだ本
リンク
フリーエリア
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。