FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本日は大安なり』

今日は久しぶりにおススメ本を紹介しまーす( ・ω・)ノ

辻村深月さんの最新刊、「本日は大安なり」。

僕個人としては、ここ最近の辻村さんの作品の中では一番の当たり。是非とも映像化されてほしいと思いました。

ではではいってみよー。
本日は大安なり本日は大安なり
(2011/02/26)
辻村 深月

商品詳細を見る


<あらすじ>

「大安」暦注である六輝の中で、何事においても全て良く、成功しないことはないとされる吉日。結婚式など、祝い事には特に向いている。

ホテル・アールマティは、県内でも有名な老舗だ。結婚情報誌で毎回トップに選ばれる、理想の式場として知られている。

本日は十一月二十二日、日曜日、大安。

「いい夫婦」の日であり、休日であり、大安であるこの日、アールマティでは四つのホール全てを使い、そこで四組の夫婦が誕生することになっている。

そしてこのおめでたい日を、関係者たちは様々な思いを胸に抱えながら、迎えていた。

一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹。
クレーマー処理に振り回されっぱなしのウェディングプランナー。
大好きな叔母の結婚にフクザツな心境の男子小学生。
誰にも言えない重大な秘密を抱えたまま当日を迎えてしまった新郎。

彼らの想いは、果たしてそれぞれの結婚を幸せなものにしてくれるのだろうか――?



<感想>
久しぶりに、最初から最後まで読んでいてドキドキハラハラしました。
同日に結婚式を挙げる4組のカップルと、その関係者たちのお話。
4組それぞれの話が同時進行で進むので、Aの夫婦の話があったと思ったら次はBへ。かと思ったら今度はCへ、といった感じに細切れで各結婚式の状況が取り上げられます。伊坂さんの「ラッシュライフ」に似ているかもしれませんね。
だから読んでいる最中は

「ちょ、視点変更!? この二人どうなるの!? あーでもこっちのカップルの話も先が気になるー!」

こんな状態(笑)
そういう焦らしの効果もあって、余計にドキドキしたんだと思います。
視点変更はけっこう頻繁ですが、地の文が一人称だったこともあって、視点が変わってもすぐに状況に馴染むことができました。それに一人称となる視点も5つしかないので、こんがらがることはないんじゃないかと。

これまでの辻村さんの小説に比べると、わりと読みやすい内容になってると思います。ミステリ色よりも、エンタテイメント性を前に出した感じ。これ来年の本屋大賞の候補作ぐらいには入るんじゃないかなーという気がします。気が早すぎますかそうですか(笑)

ということで。「本日は大安なり」、おススメです。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
小説とか。
漫画とか。
ゲームとか。
とにかくストーリー性があれば好き。
そんな大学生がやってるブログ。
現在古本屋でバイト中。
店の不利益にならない範囲で、裏話とかしてみたい。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最近の読書事情
ICHIの今読んでる本 ICHIの最近読んだ本
リンク
フリーエリア
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。